会社設立、起業・開業(医院を含む)を行う創業者の方の成長をサポート。気軽に相談できる若い税理士・会計士をお探しなら、浜松の疋田会計事務所にお任せください。

〒430-0901 浜松市中区曳馬1-7-13 加藤第一ビル2階

受付時間

8:30~17:30
(土日祝を除く)

アクセス

助信駅より北に徒歩5分

お気軽にお問合せください

053-476-1481

会社設立支援

起業・会社設立・法人成りのことなら疋田会計事務所にお任せ!

疋田会計では、会社設立支援業務を行っております。様々な専門家とのネットワークを有しており、お客様の創業時の経営をサポート致します。

事業を開始した当初は、取引先がそれほどないと考えられます。
そのため、税理士にお願いをせずに下記のように決算・税務申告をやられている方も多くいらっしゃいます。

  • 会計ソフトを購入し、自分で調べ、自分で入力し、決算書の作成・確定申告も自分で!
  • 商工会に伝票類を渡して記帳および申告書の作成もお願いする。
  • 青色申告会などにお願いをする。

しかし、取引量が増えてきて従業員を採用したり、法人化を検討するようになると税理士にお願いをする方が多くなります。

  • 従業員が入力作業を行うようになると、その数字があっているかどうかという点が問題になったり、現金をいじれるため従業員の方もお金が合わなかったらという不安が生じます。その不安を解消するためにも税理士にお願いをすることを検討します。
  • 法人になると経理処理が難しくなるため、合っているかどうかが不安になります。その相談相手として税理士にお願いをします。
  • 経営者の方も経営上の悩みを抱えるようになり、その相談相手として税理士がいればと考えるようになります。

法人には様々な種類がありますし、法人化を検討する際には税務面、税務以外の面のメリット・デメリットがありそのような要因を十分に考慮して決定していただきたいと思います。

会社設立・法人なりについてお悩みの方は、疋田税理士事務所にご相談ください。

浜松市での税理士により起業・会社設立支援/浜松/会計事務所

合同会社の設立についても疋田会計事務所にお任せ!

合同会社の設立手続についても、大きくは株式会社の設立と異なりません。
ただし、定款について公証人の認証手続がない点が大きく異なります。
定款の認証手続があれば、その段階で定款のチェックがなされるのですが、合同会社では、定款の認証がないため、登記の段階で確認がなされます。

合同会社を設立される方のパターンとして以下の3つが個人的にはあると思います。

  1. 法人を業務執行社員や代表社員にしたいケース
  2. 法人の設立費用をとにかく削減したいケース
  3. 損益の分配を出資割合以外の割合で配分したいケース

合同会社を設立するときは、複数の人で共同して会社を行おうとするケースが多いです。そして、損益の分配を出資割合以外の割合で配分したいと考えます。

それ以外の場合では、費用を節約したい場合以外では、現状、株式会社も最低資本金がないですから、株式会社を設立する場合が多いです。

このようなケースでは、法人の体制を整備していく必要性が特に高いことから、設立段階から税理士だけでなく、行政書士・司法書士などの各種専門家に関わっていただくことをお勧めいたします。

一般社団・一般財団法人の設立及び顧問契約も!!

今までは、社団法人・財団法人という名称自体に公益性が含まれていましたが、公益法人制度改革により、一般社団法人・一般財団法人と公益社団法人・公益財団法人へと分けられました。

公益社団法人・公益財団法人を設立するには、まず一般社団・一般財団法人を設立する必要があります。

将来的に公益社団法人・公益財団法人を設立するのであれば、はじめから公益認定申請を行いやすいように整備をしておけば効率的です。

つまり、一般社団法人・一般財団法人を設立する際には、公益認定申請を行うのか、行わないのかを法人設立の段階から明らかにしておくことが望ましいです。

社団法人・財団法人の設立に際しては、税理士・行政書士・司法書士等の各種専門家に相談されるのが良いでしょう。

税理士/浜松市中区/公益認定/会社設立

社会保険労務士・司法書士・行政書士などによる
起業・会社設立サポート!!

法人の設立にあたっては、社会保険労務士に助成金の相談をするとよいでしょう。助成金は雇用保険関係のものが多いです。助成金は日々、新しいものができては消えていきます。助成金制度自体は同じでも、額に変更が生じたり、書類や要件が変更したりします。

会社設立にあたっては、一般的に、税理士、行政書士や司法書士にお願いをしますが、これに加えて社会保険労務士にも相談されるとよいです。

なお、法人の設立に限らず、新規の従業員の雇用や設備投資、新製品の開発など企業の動きが生じるときは助成金がもらえる可能性があります。助成金をもらうために行動を起こしては本末転倒ですが、行動を起こしてから、助成金がもらえたことに気づいてももう遅いです。

現実は、なかなかあてはまらないケースも多いです。しかし、助成金についての専門家と会社設立のときから繋がりを築いておくとよいでしょう。

助成金に詳しい行政書士・社会保険労務士の紹介

会社設立時もらえそうな助成金はないですか?

助成金の制度としてはあるが、もらう人は限られています。

本当にあえて書かせていただきました。助成金制度はいくつかあります。
みなさん相談もされます。
しかし、実際には要件があてはまらず、もらえない人、もらわない人が多いように思います。
いずれにしても、検討してみることはよいので、そのように相談していただけたらと思います。

起業・会社設立の相談のポイントは、会社を辞める前に相談です!

浜松市の税理士|起業・会社設立・助成金の専門家

公認会計士による会社設立支援—浜松での起業は疋田会計事務所へ

会社設立についてどこに相談しようかと悩まれている方が多いと思います。

当事務所に相談にいらっしゃる方とお話しをしていて

「どこにお願いしようかすごく悩みました・・・」

とお話しされる方が非常に多いです。

私の事務所にお願いしに来ている方の共通点としては、同世代の若い税理士さんで、いろいろ相談しやすそうな人を探している方が非常に多いです。

それにプラスして、私は、公認会計士として活動をしていて会社の定款内容について勉強をしました。(※公認会計士試験には、商法が試験科目にあり、短答式・論文式で受けなければならないんです・・・)

お客さんのところで会社法の勉強会講師も行いました。

それなので、「定款についてはどのようにするのがよいか」という観点でアドバイスが可能です。

起業をされる方や会社設立を検討している方、起業をしていろいろとセミナーにでてみたけど記帳の仕方がわからないから聞いてみたいという方は、ご連絡ください。

初回は、無料とうたっているようにご連絡をいただいて、一度アドバイスをするのは無料です!

顧問契約はお願いするが、会社設立は自分でやりたいんだけど・・・

会社設立支援としてうたっていますが、
個人でやられてももちろんサポートします。

本当にいろいろな方がいらして驚きます。しかし、自分のしたいこと、考えがはっきりされていて良いと思います。
会社設立サポートとしては、こちらが書類を作成する手数料とお考えいただければよいと思います。
たとえば、書類は自分で作ります、でも質問はさせてくださいという方もいらっしゃいます。そのような場合は、もちろん無料で相談にのらせていただきます。

ただし、初回相談以外は、顧問契約を前提としての相談ということでお願いいたします。
(初回相談は仕方がないですが限られた時間を顧問先のことに費やしたいためです。)

電子定款のための行政書士さんの紹介などはさせていただきます。
紹介させていただく先はあくまでも、紹介ということでおこなっているのでそちらの契約判断はお任せいたします。
セットということではありませんのでご理解ください。

浜松/税理士/起業・会社設立/疋田公認会計士事務所

近年、不景気と経営者の方の高齢化などから会社を清算するケースが多いようです。
そのような場合で従業員が会社(事業)を引き継ぐということをお客さんなどから提案され、検討するということを相談されるようになりました。

そのようなケースとして下記のような特徴が見受けられます。

  • 従業員ながらも会社がうまくいっていない状況を知っていて危機意識がある。
  • 中小企業に勤務されていた方で起業されるということで、会社の全体像が比較的イメージできている。
  • 会社設立に関する手続きなども自分で調べていてやろうと思えばできてしまう。
    (ただ、忙しいので会計事務所などにお願いしたい)

会社設立のところで、事業・企業のライフサイクルは、30年といわれていたのが25年、それ以上に短くなっているため事業の見直しなどが急務です。

新たに会社を立ち上げることにより、社会が活性化します。
是非、私ども疋田会計事務所にサポートさせていただけたらと思います。

浜松/税理士/会社の設立・清算/事業の承継/疋田会計事務所

建設業 法人成り及び建設業許可 /浜松市の疋田会計事務所

個人事業の方で、建設業許可を得ていない方が、法人成りすると同時に建設業許可を受けるケースが増えてきています。

この背景には、以下のような要因があるようです。

  1. 後継者に事業を承継していくにあたって法人化を検討する。
  2. 取引先との関係から会社組織という組織的基盤と建設業許可の財務的基盤という両面から信用力が求められるようになっている。
  3. 社会保険未加入問題への対応のため、健康保険等への加入が建設業許可で確認をされるようになるとともに、経営審査事項においても重視されるように、社会保険の加入が重視されるようになっている。

私共の事務所では、行政書士事務所等と協力しながらお客様の建設業許可・法人成りをサポート致します。
もちろん、建設業許可を行政書士の先生にお願いされている方の法人成りもサポートしております。

お問合せはこちら

当事務所へのお問合せは、お電話またはお問合せフォームよりお願いいたします。

お電話でのお問合せ

053-476-1481

受付時間:8:30~17:30
(土日祝を除く)

お気軽にご相談ください。

おすすめサービス

起業・会社設立支援

会社設立支援の料金を見直しました。

サービスの詳細はこちら

お問合せフォームはこちら

ご連絡先はこちら

疋田税理士・
公認会計士事務所

053-476-1481

053-476-1483

住所

〒430-0901
浜松市中区曳馬1-7-13
加藤第一ビル2階

所属公認会計士

公認会計士協会東海会所属
第21821号
東海税理士会浜松西支部所属
第113840号

業務エリア

浜松市中区,北区 (都田町・
引佐町・三ケ日町・三方原町・
細江町等) ,西区 (雄踏町・
篠原町・舞阪町等) ,東区,
南区,天竜区,浜北区湖西市 (鷲津・新居町・新所原・
白須賀等) ,袋井市,磐田市,
掛川市,菊川市,豊橋市,
豊川市,田原市 等

事務所概要

税理士プロフィール