会社設立、起業・開業(医院を含む)を行う創業者の方の成長をサポート。気軽に相談できる若い税理士・会計士をお探しなら、浜松の疋田会計事務所にお任せください。

〒430-0901 浜松市中区曳馬1-7-13 加藤第一ビル2階

受付時間

8:30~17:30
(土日祝を除く)

アクセス

助信駅より北に徒歩5分

お気軽にお問合せください

053-476-1481

個人事業の事業承継-2【消費税の注意点】 浜松 税理士/疋田会計

消費税の損金の計上時期については以下のように消費税の経理処理により異なっています。

(1)税込経理

課税期間の終了とともに、納付又は還付を受ける消費税額を計算します。そのため、以下のようになっています。

区分計上時期
納付すべき消費税等還付を受ける消費税等
原則納税申告書の提出日
更正・決定その更正又は決定の日
特例未払金に計上したときは、その計上した日未収入金に計上したときは、その計上した日
(2)税抜経理方式

課税期間の終了のときにおける仮受消費税等の金額から仮払消費税等を控除した金額の差額が納付する又は還付される消費税に原則としてなりますので、所得税(法人のときは法人税になります。)の額に影響を与えません。

簡易課税制度の適用を受けたり、上記差額と納付額(還付額)と一致しないときは差額の調整も課税期間を含む事業年度に処理をします。

税理士事務所/浜松市中区/相続・事業承継

事業承継時の注意点

個人事業の事業承継のときは、親の事業を廃止し、子など事業を引き継ぐ人が事業を開始します。税抜経理や税込経理でも特例の方式によっている場合には、課税期間を含む期間に益金又は損金に算入されていますので問題ありません。

しかし、税込経理を行い、その原則的な処理方法である納付申告書の提出日に納付すべき消費税を費用処理を行っている場合には、納付した時には事業を廃止していて費用処理できないことになってしまいます。

そのため、期末において未払計上を行うことを検討してみてください。
(ただし、相続により承継したケースは、除かれます。)

※詳細については税務署又は担当税理士に一度ご確認の上処理をおこなってください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

053-476-1481

受付時間:8:30~17:30(土日祝を除く)

お問合せはこちら

当事務所へのお問合せは、お電話またはお問合せフォームよりお願いいたします。

お電話でのお問合せ

053-476-1481

受付時間:8:30~17:30
(土日祝を除く)

お気軽にご相談ください。

おすすめサービス

起業・会社設立支援

会社設立支援の料金を見直しました。

サービスの詳細はこちら

お問合せフォームはこちら

ご連絡先はこちら

疋田税理士・
公認会計士事務所

053-476-1481

053-476-1483

住所

〒430-0901
浜松市中区曳馬1-7-13
加藤第一ビル2階

所属公認会計士

公認会計士協会東海会所属
第21821号
東海税理士会浜松西支部所属
第113840号

業務エリア

浜松市中区,北区 (都田町・
引佐町・三ケ日町・三方原町・
細江町等) ,西区 (雄踏町・
篠原町・舞阪町等) ,東区,
南区,天竜区,浜北区湖西市 (鷲津・新居町・新所原・
白須賀等) ,袋井市,磐田市,
掛川市,菊川市,豊橋市,
豊川市,田原市 等

事務所概要

税理士プロフィール