会社設立、起業・開業(医院を含む)を行う創業者の方の成長をサポート。気軽に相談できる若い税理士・会計士をお探しなら、浜松の疋田会計事務所にお任せください。

〒430-0901 浜松市中区曳馬1-7-13 加藤第一ビル2階

受付時間

8:30~17:30
(土日祝を除く)

アクセス

助信駅より北に徒歩5分

お気軽にお問合せください

053-476-1481

個人事業の事業承継 /浜松市での事業開始

事業承継について、少しずつですが解説を行いたいと思います。
中小企業の動向を知るための資料としては『中小企業白書』が挙げられると思います。

浜松市は、中小企業白書でも例としてあげられるほど、中小企業の多い町です。

近年、経営者の高年齢化が進み、廃業する件数が増えています。

浜松市・湖西市において、雇用が維持され、発展していくためには、事業の存続が必要であり、そのためには事業承継が重要と考えられます。

経営の実態と経営者

経営者が高齢化すると、実質的に息子が経営者としての役割を果たすようになります。そのようになった場合には、実態に合うように、経営者を息子にするというのが良いと思います。

それでは。経営者を後継者である息子に引き継ぐにはどのようにすればよいでしょうか。
今回は、個人事業のケースについて説明をしたいと思います。

税理士事務所/浜松市中区/事業承継・相続/後継者支援

会社組織と個人事業

個人事業の事業承継と考えた場合に、名前を変えればいいと思われている方がいらっしゃるかもしれません。
あたらずも、遠からずですが、少し手続きが必要になります。
会社組織と個人事業を比較して述べたいと思います。

会社組織の場合

株式会社の場合、経営は取締役、所有は株主というように所有と経営が分離しています。

息子が仕事の中心となってきたため、社長である父親が息子に、法的にも事業を引き継ぐということであれば、会社組織であれば代表取締役(社長)として後継者を選任する決議を行い、登記が完了すれば事業承継となります。

ただし、同族会社のケースでは、社長交代の問題とともに株をだれに引き継がせるかという問題も同時につきまとうことにはなります。

また、先代社長が所有している土地などを法人に貸しているケースについては、その土地をどうするかという問題もあります。このことについては、また別の機会にしたいと思います。

個人事業の場合

個人事業の場合には実際は息子がきりもりしていたとしてもあくまで事業主は父親です。それを、法的にも息子の事業というようにするには、一度父親が廃業の手続きを行い、後継者である息子が事業を開始するという手続を行わなければなりません。

なぜなら、個人事業の場合には、事業と人とが密接に結びついているからです。また、事業上使用している設備なども、社長の持ち物ですので、その設備をどうするかという問題もあります。
それを、事業承継時に引き継ぐということになれば、譲渡所得や贈与税等の問題も生じます。そうなると一般的に相続によった方が税務上のメリットが大きいため、手続きが面倒なのと相まって、死亡によって相続と同時に事業を承継するケースが多いです。

相続時に承継することは問題も

会社組織にしても、個人事業にしても、いつまでも親が事業主として頑張り続けることは、後継者である息子が経営者として自立しないという経営上の問題もあります。

しかし、それだけでなく、個人事業の場合には、専従者である息子の頑張りにより利益が生じ、事業財産の多くを稼ぎ出した場合でも財産(元入金)は当然のことながら親のものになってしまいます。そして、その財産が相続財産になってしまうのです。

つまり、息子が頑張れば頑張るほど、相続財産を増やす結果になってしまうのです。
(このことは、同族会社の場合の株式についても同じようなことが言えます。)

ですから、可能な限り、経営の実態に合わせて経営権は後継者に譲り、財産については、相続税の対応をしていく必要があります。そうすることで息子の頑張りが、息子の財産になり、相続財産とならない結果になるのです。

事業承継や相続についてはできるだけ早い時期から準備をお願い致します。

※中小企業庁では、「中小企業事業承継ハンドブック」という冊子を配布しています。

お金をかけなくても、こちらから入手した資料を読むだけでもできるだけ早い時期にしておいていただきたいものです。そして、詳しく知りたいときに、税理士や商工会にお尋ねすると良いと思います。

(参考資料)

中小企業庁 財務サポート 事業承継

目次
Ⅰ まずは知っておきたい事業承継対策のポイント
Ⅱ 事業承継計画
Ⅲ 後継者の選び方・教育方法
Ⅳ 後継者への経営権の集中方法
Ⅴ 事業承継と民法《遺留分》
Ⅵ 事業承継に必要な資金
Ⅶ 事業承継と税金

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

053-476-1481

受付時間:8:30~17:30(土日祝を除く)

お問合せはこちら

当事務所へのお問合せは、お電話またはお問合せフォームよりお願いいたします。

お電話でのお問合せ

053-476-1481

受付時間:8:30~17:30
(土日祝を除く)

お気軽にご相談ください。

おすすめサービス

起業・会社設立支援

会社設立支援の料金を見直しました。

サービスの詳細はこちら

お問合せフォームはこちら

ご連絡先はこちら

疋田税理士・
公認会計士事務所

053-476-1481

053-476-1483

住所

〒430-0901
浜松市中区曳馬1-7-13
加藤第一ビル2階

所属公認会計士

公認会計士協会東海会所属
第21821号
東海税理士会浜松西支部所属
第113840号

業務エリア

浜松市中区,北区 (都田町・
引佐町・三ケ日町・三方原町・
細江町等) ,西区 (雄踏町・
篠原町・舞阪町等) ,東区,
南区,天竜区,浜北区湖西市 (鷲津・新居町・新所原・
白須賀等) ,袋井市,磐田市,
掛川市,菊川市,豊橋市,
豊川市,田原市 等

事務所概要

税理士プロフィール